人気記事:
風水財布 個人別 金運の色の判断法 
風水鏡と八卦鏡の違い
白蛇財布 財運効果がある人と無い人

2014年02月18日

紫微斗数占星術と四柱推命(八字・子平)の違い

〜紫微斗数占星術と四柱推命(八字・子平)の違い〜


占い愛好者には、八字や子平と呼ばれている
四柱推命は、名称だけはポピュラーです。


四柱推命は、生年月日生時を十干十二支からなる
8つの漢字に変換して運命を判断することから
八字(パーツー)だとか、始祖の名前の(徐)子平と呼ばれています。


日本の四柱推命だけでも、関西の阿部泰山流、関東の高木乗流、
台湾の明澄透派、弁証法的学問の小山内式など様々で、
それぞれの看命理論は、もう別の占術のような違いがあり、
「四柱推命」と一括りするには無理があります。



紫微斗数占星術は、「封神演義」(ほうしんえんぎ)の登場人物を
星神に配した架空の星と北極星である紫微星を使用した占星術です。


流派の違いで解釈を異にするのは、四柱推命と同じですが、
四柱推命と比べると、マスターしやすく、占いたい項目別に
判断しやすいという利点があり、的中率も四柱推命に匹敵します。


また四柱推命は、客観的な社会的評価、イベントや出会いの時期
を主体に判断するのに対して、

紫微斗数は、主観的な感情的な満足度が評価の対象であり、
男女の相性の満足度などを主体に判断します。



短所としては、命盤(ミンバン)の作成には29〜100個の星の
記入が煩雑であることや、生まれた時間が主体になるので、
四柱推命のように、生まれた時間が不明だから三柱推命(算命)
で看るという変則技が斗数看命(トスウカンミン)では不可能です。


自分や友人の運命だけを独学で知りたい場合は、煩雑ですが、
紫微斗数が理解しやすく独学に向いています。


星には吉星と凶星があるのですが、輝度を
廟、旺、得、利、平、不、陥の7段階に分類し、
吉星、凶星の力量を判断します。


例え命宮に、凶星が入っても輝いていれば凶意が消えて、
吉意に転化したり、吉星が入っていても暗黒だと無力化
したりして、人生の機微が反映されます。



紫微斗数や四柱推命では、高い確率で運命を予測できますが、
悪い場合でも、紫微斗数や四柱推命には選択しか手段がありません。
改善する場合は、運命は風水にも反映されていることが多く、
風水で改善することができます。


posted by 金運金魚 at 13:52| Comment(0) | 風水雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

金運を引き寄せる裏技

〜金運を引き寄せる裏技〜


金運を引き寄せるカラーとは、一般的な風水財布に使用されるゴールドです。
ピカピカ輝く、ゴールドカラーは、オールマィティーな金運カラーです。


金運は、オシャレな人というより、金ぴかの成金趣味の人に引き寄せられる感じです。

風水財布的には、外装は個人の金運を上げるカラー、
内装は、個人の金運を上げるカラーか、ゴールドがいいでしょう。


ただゴールドは、個人の金運を上げるカラーと違い、
財布にだけ取り入れるカラーとしては効果が劣ります。


金運を引き寄せる金塊瞑想法


・ピカピカ光り輝く金塊をイメージした瞑想。


1、頭上に、まぶしいくらいに光輝く金塊をリアルにイメージする。
2、目を閉じてても、目が眩むくらいの金塊をイメージできたら、
  金塊がドロドロに溶け出して、身体に染み込んで行くのをイメージする。
3、身体が流体の金で満たされ輝きだすのをイメージする。
4、ギラギラしてジッとしていられない状態になったら終了です。





金塊瞑想法は、仙道実践者の知人から教えてもらった方法で、
旅先では、交通費までパチンコに突っ込みながら勝ち続けた方法です。
パチンコの勝敗はメモして、瞑想や断易のデータとしていたので、
データ分のみですが、24日間、24連勝でプラス収支25万円を超えパチンコを卒業しました。


パチスロは目押しが出来ず、横の人に一握りのコインで頼んでましたし、
パチンコ店の下見のはしごでも、勝てる卦が出ないことも続き、
面倒くさくなりパチンコを卒業したのです。


金塊瞑想法は、
高藤仙道の「仙道帝財術入門―金気をつかみ、大幸運を自らのものにする
で紹介されている瞑想法のアレンジです。
イメージ法と気功をミックスした方法なので、「リアル度」がポイント。
熟練すると爆発するパチンコ台は、大きく強調されて見えるようですが、
そのレベルにまでは到達できていません。


posted by 金運金魚 at 15:34| Comment(0) | 風水財布 色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

太歳符を祀る

〜太歳符を祀る〜


太歳符が届いたので吉日に安泰儀式を行い貼りました。
陰陽道の八将神の太歳星君(たいさいせいくん)とは別に、
太歳は、十干十二支の組み合わせの数、60人いるそうです。

太歳符

六十甲子神像というのがありますが、
これが太歳60大将軍のようですが、
神像名には無知で、勉強になりました。



甲午年の太歳は張詞星君(ちょうしせいくん)です。

太歳 張詞星君

太歳符の中央には「太歳甲午年張詞星君到此鎭」と書いてあります。
甲午年の太歳星君(張詞)が、本年の定位置に来て鎮まるようにという意味です。


左下には、性別と年男年女の名前が記してあります。
今年一年の厄除けと安泰を祈願しました。


年男年女が、南向き(午向)、または北向き(子向)の
玄関の家に住んでいると、移動や事故、災難に巻き込まれやすくなります。



お供えモノの果物を買いに行く途中、行き付けのコンビニの店長さんを見て、


マスクをして、ぱっちりした目が強調&充血 ⇒赤&離(目)=午
ポニーテール ⇒午


という見立てから、これはシンクロかな?と感じ、
「もしかして、年女?」と訊ねたら当たりました。


「そんな力があるの?」というので、太歳符の説明をしたあと、
「もしかして玄関は南向き?」と訊ねると当たったので、

太歳符でなくても、未を玄関に飾って、未のストラップを携帯するといいよ。
とアドバイスしました。


年男年女は、事故や病気にならなくても移動や多忙になりがちになるので、
トラブルに巻き込まれやすくなります。

そんな場合は、未グッズがお守りになります。



冲太歳の子年生まれの方も同じですが、冲太歳はデータ不足で、
傾向が不明です。


posted by 金運金魚 at 13:10| Comment(0) | 風水雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

風水のラッキーカラー

〜風水のラッキーカラー〜


風水財布の金運を上げるラッキーカラーは、
比較的効果を実感しやすいので分りやすいです。


でも、事が家の風水におけるラッキーカラーになると、
話は別です。


ラッキーカラーを使用する風水術に、
四柱推命を利用した八字風水があります。
財運カラーに拘らず、家の主人の助けになるラッキーカラーを利用する方法です。


上手く利用すれば効果的でしょうが、喜忌の判断が、
実力や流派によって外れる場合もあります。


ラッキーカラーと判断された色が、嫌いだったら、
判断が間違っている場合が多いです。


その場合、好きな色を使用した方がいいのです。
ですが、テレビを見ていると、ピンク一色や、
白一色、赤一色の部屋が紹介される事があります。


これはバランスが偏った良くない風水です。
視覚が一色のみに囚われないように、
家具の色は、その色を緩和する色を配置した方が良いです。



posted by 金運金魚 at 19:29| Comment(0) | 風水雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

財運 財布の金運を上げる保管場所

〜財運 財布の金運を上げる保管場所〜


八宅風水術の視点から財運財布の保管場所を考えます。

八宅風水術で金運だけを限定で見るなら門と台所の関係をみます。
個人の部屋で見るなら机と部屋の方位の関係で見ます。


八遊星(九星)は、座山(家の後ろ=仮龍穴)ではなく、
門を伏位として数えるので、八命卦の配置を八宅図とします。


部屋の中心から入口の方位を測り伏位を出します。
あとは、机を延年の方位に移動します。

天医や生気も吉ですがベッドに使いたいので、
金運以外に、対人関係の円満、昇進の意味がある
延年の方位を使用します。


机を延年方位に移動したら、
そこを財運財布の保管場所にします。


部屋の入口(門)別、延年方位

南門・・・北机
南西・・・北西机
西門・・・北東机
北西門・・・南西机
北門・・・南机
北東門・・・西机
東門・・・南東机
南東門・・・東机




昔の金持ちの中国人は、
部屋の入口毎にも良い気が集まるように、
門と門の位置関係を重要視していました。

大門が一番重要ですが、個人の部屋の入口も重要なのです。
門によって特定の住人にだけ影響があったりしますが、
個人の部屋の風水は、個人への影響が大きいのです。


先天的に運気が悪いと風水改善が無理なことが多いですが、
思い切った配置換えや部屋換えで気持ちや運気が上昇することがあります。

これが本来の玄関風水の開運効果です。
玄関を掃除するのは基礎にすぎません。

posted by 金運金魚 at 16:50| Comment(0) | 風水財布の保管場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。