人気記事:
風水財布 個人別 金運の色の判断法 
風水鏡と八卦鏡の違い
白蛇財布 財運効果がある人と無い人

2014年01月27日

金運を象徴する形の山

〜金運を象徴する形の山〜


形勢風水(巒頭派:らんとう)では、冨・財を象徴する形の山があります。
玄関の前から見える山や建物を案山(あんざん)といいます。


玄関の前の風景というのは、一番見慣れた景観だと思います。
距離や見える大きさで影響力が違いますが、距離が離れていても、
無意識レベルで、心理面に影響があるとされています。


風水古典には、たくさんの案山の図が紹介されていますが、
よくある代表的な冨・財を象徴する形に三台山があります。
三台山は、3つの峰をもつ半円形の山がつながった形の山です。

形勢風水 案山 三台山

写真の三台山は、いつも混んでいる高速のサービスエリアの前にあります。
明堂(駐車場)が広く、見える大きさがギリギリですが金運にいい風水です。
知らないうちにコンビニが入っていて繁盛状態が分ります。



吉兆のシンボルは、陰陽に合わせる事で、引き寄せの法則のように、
良い運とつながる効果があるようです。


風水財布(金運を上げる色)に、開運財布のような吉兆シンボルがある
ものや、見栄えがいい形が、より金運があがるようです。



ラベル:金運 形
posted by 金運金魚 at 14:23| Comment(0) | 風水財布の形の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

風水財布の形の選び方

風水財布の形の選び方の結論から書けば、
長財布がいいです。


風水と言えば、
パワーストーンや方位を連想するのが一般的だと思います。

中国風水は、地理風水の別名がありますが、
本来は、天文地理風水という意味を含む堪與(かんよ)術
という古名で呼ばれていました。


風水は易や陰陽五行の原理で構成されています。
風水の五行は、9つで構成される北斗七星と対応して、
5つの形に分類され、5つの形それぞれに意味があります。


長財布の平方形は、土の五行に分類され、
万物の根源、方正(きちんとして正しい)という意味を持ち、
土は腹に金を埋蔵しています。

ちなみに、
玄関の前から見える景観の形が、良い形の平方形なら、
玉尺と呼ばれる形で、学業的成功の吉兆の印とされています。


玉尺の角が丸く枕のような形にならば玉枕と呼ばれる
冨を象徴する形になりますが、そんな形の財布は無いです。

ラベル:風水財布
posted by 金運金魚 at 11:43| Comment(0) | 風水財布の形の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。