人気記事:
風水財布 個人別 金運の色の判断法 
風水鏡と八卦鏡の違い
白蛇財布 財運効果がある人と無い人

2014年03月13日

るのうに剣心編 紫微斗数占星伝説

〜るのうに剣心編 紫微斗数占星伝説〜

マイナーな封神演義のキャラを幕末の英傑に置き換えていったら、
どんどんマニアックになっていったので、これじゃ本末転倒だと
気付き、途中から「るのうに剣心」のキャラを採用しました。



○禄在(財産・貫禄)
・・・岩崎弥太郎(いわさきやたろう)


長崎の土佐商会で活躍し、坂本龍馬とも交流、
三菱商会を創設し、三菱財閥の基礎を築く。


○左輔・右弼(援助・交友・異性)
・・・西郷隆盛、大久保利通


紫微が島津斉彬(しまづなりあきら)なら、その補佐役は、
「翔ぶが如く」の西郷、大久保コンビが妥当かも。


○文昌(学問・聡明・博学・多芸多才)
・・・佐久間象山(さくまぞうざん)


「天下の師」を自称した幕末一の万能学者。
勝海舟、吉田松陰、河井継之助も指導した大思想家。


○文曲(学問・試験・芸術)
・・・松本良順(まつもとりょうじゅん)


新撰組の沖田総司ファンなら蘭方医として知名度あり?
個人的には、マニアックにシーボルトの娘・楠本いね押し。



○天魁(聡明・才能・富貴・交友)
・・・後藤象二郎(ごとうぞうじろう)


「おーい竜馬」では、坂本龍馬の仇敵として登場するが、
実際は、意気投合して、亀山社中を土佐海援隊に改称させている。
徳川家を大政奉還に導いた重要な功労者のひとり。


○天鉞(聡明・才能・富貴・交友)
・・・中岡慎太郎(なかおかしんたろう)


陸援隊の創設者。坂本龍馬よりも常に一歩先んじており、
薩長同盟においては、難航する提携の実務に奔走した。


○フ羊(暴力・刑罰・傷害・病気)
・・・岡田以蔵(おかだいぞう)


幕末のアンチヒーローである人斬り以蔵。


○陀羅(金欲・粗暴・孤独・怪我)
・・・芹沢鴨(せりざわかも)


新撰組結成当時の局長。酒乱の女好きで粗暴。
最後は、寝込みを襲われ愛人と串刺しに。


○火星(激情・事故・損害)
・・・緋村剣心(ひむらけんしん)


幕末最強の伝説の人斬り、「人斬り抜刀斎」w
神速の飛天御剣流で血の雨を降らし続けた。


○鈴星(激情・歪曲・孤独)
・・・志々雄真実(ししおまこと)


「人斬り抜刀斎」の後継者。明治政府転覆を計画し実行。
全身やけどで、身を包帯で包んだ悪のカリスマ。


○天空(失意・厭世・空虚・宗教)
・・・悠久山安慈(ゆうきゅうざんあんじ)


十本刀の1人「明王の安慈」。相楽左之助に二重の極み、
(ふたえのきわみ)を伝授した仏の救いに失望した救世の破戒僧。


○地劫(分離・厭世・災厄・哲学)
・・・雪代縁(ゆきしろえにし)


剣心の妻・雪代巴の実弟。姉・巴&巴の許婚・清里の仇・抜刀斎
への復讐を目的に修羅場を生き抜いてきた非情の武器商人。



○天刑(災難・孤独・医学)
・・・高荷恵(たかにめぐみ)


会津出身の美人女医。阿片精製の片棒を担ぎ、
罪悪感を抱き続けている。


○天姚(性愛・色情)
・・・駒形由美(こまがたゆみ)


吉原出身の花魁。「夜伽の由美」。志々雄真実の夜伽役。
色気溢れる才色兼備の姉貴分として、配下の信頼も篤い。


○天馬(移動・旅行・変動)
・・・相楽左之助(さがらさのすけ)


喧嘩屋 斬左。喧嘩屋を廃業した後は、世界一周して、
モンゴルに渡り馬賊となっており、晩年の剣心を助けた。


○天喜(恋愛・結婚・性愛)
・・・雪代巴(ゆきしろともえ)


緋村剣心の妻。許婚の仇である剣心に近づく過程で妻と
なるが、最後は満身創痍の剣心を身を呈して庇う。


○紅鸞(美貌・恋愛・性愛)
・・・神谷薫(かみやかおる)


神谷活心流道場師範代。正義感に溢れた美貌の女剣士。
痛みを共有するために不治の病の剣心に身を委ね不治の病を発症。
実写映画の武井咲はイメージ通り。



参考:
紫微斗数入門: 椎羅のホームページ

紫微斗数占星術奥義 (エルブックスシリーズ)
東海林 秀樹
学習研究社
売り上げランキング: 75,300



posted by 金運金魚 at 13:25| Comment(0) | 風水雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。