人気記事:
風水財布 個人別 金運の色の判断法 
風水鏡と八卦鏡の違い
白蛇財布 財運効果がある人と無い人

2014年01月29日

風水鏡と八卦鏡の違い

〜風水鏡と八卦鏡の違い〜


風水アイテムで効果が筆頭なのが八卦鏡です。
で、今、人気の風水アイテムは、風水鏡です。


一見、同じ鏡の風水グッズです。
風水鏡と八卦鏡は似ていても性質が違います。


風水鏡

・吉兆の八角形。
・財運カラーの黄色・ゴールド。
・平面ミラー。


使い方としては吉の方位に置くことで吉方位のエネルギーを増やす。
欠点としては、平面鏡なので、普通の鏡と同じで、凶方位に置くと、
凶のエネルギーを反射して、凶方位のエネルギーを増やす。



凸面八卦鏡

・陰陽のバランスを取る先天八卦。
・悪いエネルギーを分散反射する凸面鏡
・吉兆を補佐する吉兆文字。
・天を象徴する円鏡。
・吉兆の八角形。


使い方としては、凸面鏡を外に向け形殺(凶の形)の影響を分散し反射。
先天八卦で、陰陽のバランスを取る。定期的に向きを変えたり、
嫌な感じの方向に鏡を向けることで効果が持続。


凹面八卦鏡

・陰陽のバランスを取る先天八卦。
・良いエネルギーを集める凹面鏡。
・吉兆を補佐する吉兆文字。
・天を象徴する円鏡。
・吉兆の八角形。



使い方としては、部屋に置き先天八卦で凶を避け、
凹面鏡で吉のエネルギーを集める。財運を上げるのにも有効。


流派によっては八卦鏡を迷信扱いしたり、凹面八卦鏡は、
形殺を吸収して反射すると評価しながら、凸面鏡は否定
したり、鏡は反射ではなく、映すので吸収するアイテム、
と説は様々ですが、


効果を細かく見ていくと、基本機能は反射。
使用方法の違いで吸収に感じたり、効果が
無いように感じるのではと仮説です。


気功を行っていると、鏡や金属によって気が分散
したように感じる反面、銅などは気が集まるよう
に感じたりしますが、分散される感じの方が強いです。


体感としては、鏡は反射し、心地が良い場所に
凹面鏡を置き、嫌な感じがする場所に凸面鏡や
風水鏡を向けるのが効果的な使用法に感じます。


ラベル:風水鏡 八卦鏡
posted by 金運金魚 at 13:51| Comment(0) | 風水 インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。